占い好きはロマンチスト

こんにちは。

手相・風水・算命学鑑定士の町田です。

 

梅雨の晴れ間の長野市です。

私は日課として、夕方の涼しい時間帯にお散歩をしているのですが、ここのところ「天使の梯子」に出会う確率が高いです。

 

「天使の梯子」って知っていますか?天使の梯子は薄明光線(はくめいこうせん)と言って、太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間から光が漏れて、放射状に地上へ降り注いで見える現象の俗称です。

 

主に早朝や夕方に見られることが多いようです。

※Wikipedia参照

 

見ていると、とっても幻想的で吸い込まれそうになります。

 

 

私は星空や植物など、自然を観察するのが好きなのですが、古代東洋人も観察していたのでしょうね。

 

東洋系の占いでは陰陽五行説が使われますが(漢方などでも使われます。)自然界すべてのものを五行(木・火・土・金・水)に分けたのです。

 

そして、それは人間にも当てはめられるはずだということで、五行から占いができました。

 

木生火(もくしょうか)木は燃えて火を生む。

火生土(かしょうど)物が燃えればあとには灰が残り、灰は土に還る。

土生金(どしょうきん)鉱物・金属の多くは土の中にあり、土を掘ることによってその金属を得ることができる。

金生水(きんしょうすい)金属の表面には凝結により水が生じる。

水生木(すいしょうもく)木は水によって養われ、水がなければ木は枯れてしまう。

 

 

これは相生(そうしょう)といいますが、このように一つの流れになっています。すごいですよね。

 

テレビもインターネットも無い時代。どんな時代だったのでしょう。たまには思いを馳せてみるのもいいかもしれません。

 

こう考えると占いって本当にロマンティックだと思いませんか?実際、占いに来られる方って本当にロマンチストが多いんです。

 

***

 

私のやっている手相や算命学は3000年~4000年続くものです。人から人へと伝わり、絶やさずに来ているということは、どれだけの人が関わってきたかと思うと、とても神聖な気持ちになります。

 

これからも絶やすことなく、伝えられたらいいなと思っています。

 

【お知らせ】

☆無料診断☆パッとみてすぐわかる手相診断

・毎月、1日と15日に手相豆知識のLINE配信をしています。

下の緑のバナーから登録してくださいね☆


友だち追加

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?



無料メール手相講座

占い・手相鑑定のお申込み

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?

友だち追加
お問い合わせ