ただいま鑑定の新規受付を中断しております。
再開時期については、当サイトにてお知らせします。

日本人のDNAを感じた日

皆さまこんにちは。

ヒーリングルーム・シャンティの町田です。

 

すでにオリンピックでは金メダルをとる選手もいて、始まってしまえば、まあまあ盛り上がるものだな~ なんて感心してしまいました。

 

そして、金メダルを授与される時に流れる君が代には、なぜかこみ上げてくるものがあります。

 

もちろん、選手が頑張った証であり選手が泣いているので、こちらももらい泣きする

 

というのもあるかもしれませんが、やっぱり思うのは日本人で良かった。日本を誇りに思うということです。

 

私の中に日本人のDNAが刻まれているのだと、思い知らされるのです。

 

***

 

さて、君が代についてはいろいろとありますね。

 

私は小学校、中学校、高校と長野で過ごしましたが、君が代は一度も歌ったことがありませんでした。

 

おそらく、長野の公立の学校ではあまり歌っていなかったと思います。今考えるとなんでだろう?と思い、調べてみました。

 

君が代が正式に日本の国家として制定されたのは、1999年なんですね。意外と最近でびっくりしました!!

 

君が代の元となる和歌が詠まれたのは平安時代で、905年の『古今和歌集』に「わが君は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで」という歌があります。

 

意味は「あなたの時世が、小さな石が長い年月を経て堅い絆で結ばれて、大きな岩となるように、苔がつくまで、末永く続きますように」

※コトバの意味辞典参照

 

NHK、オリンピック開会式のMISIAさんの動画貼っておきますね。

https://youtu.be/DxAOzJqxh0E

 

で、なんで私が学生時代に歌わなかったのか?というと、戦中に君が代が天皇を讃える歌として使われたことや、軍国主義の象徴となったことなどから、戦後GHQが日の丸掲揚と君が代の斉唱を禁止しました。

 

たぶん、これが理由で歌わなかったのではなかろうか?と思います。スッキリしました(笑)

 

それにしても、いつの時代も賛否両論ってあるものだな~と感じます。こんな時にオリンピックなんてけしからんと言う人もいれば、オリンピックやった方がいいんじゃね?って言う人もいるし。

 

どちらもあって良いと思うんですね。大事なのは自分はこう思う、こうしたい、という考えを持つことですね☆


友だち追加

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?



無料メール手相講座

占い・手相鑑定のお申込み

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?

友だち追加

お問い合わせ

お問い合わせフォームへ
LINE公式アカウントロゴ
無料メール手相講座