言葉を選ぶ

訪問ありがとうございます。

手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

私は、常日頃言葉の使い方には気をつけています。占い師は、言葉を自在に操る職業なのではないか?とも思っています。

 

言葉により人を傷つけることも、勇気づけることもできます。

 

例えば、手相には丘があり、人差し指の下を木星丘(もくせいきゅう)と言います。その意味は、地位・権力・支配なのですが、

 

そこから読み取り、それをそのまま言葉にしてしまうと、「あなたは支配的な人ですね。」となりますが、なんかちょっと鑑定にはどうだろう?と思いますよね。

 

そこで、恋愛面なら「あなたは相手のことを束縛したりしませんか?」のように変換していきます。

 

その他の例ですと

大人しい人→落ち着いている人

騒がしい人→元気な人

潔癖→綺麗好き

 

などなど、いろいろと変換できると思います。

 

言葉の使い方によって、人生はほとんど決まってくるのではないでしょうか?私の周りのトップセールスマンを見ていると、言葉の使い方が絶妙に上手いんです。

 

ただひたすらに褒めるだけでなく、丁度良いタイミングで欲しい言葉を入れてくるという・・・・・

 

それが、天性のものである人もいれば、勉強したものである人もいるかもしれませんが、そういう人に会うたびに私は感心してしまいます。

 

そこまでいかなくとも、日常的に相手を思いやる言葉を使うのは、とても大事だと思います。

 

感謝の言葉、伝えてますか?

 




お問い合わせ