占い師と詐欺師が使う?コールドリーディング

訪問ありがとうございます。

長野の手相・算命学鑑定士、町田香織です。

 

皆様は、コールドリーディングという言葉を知っていますか?

 

コールドリーディングとは、相手から自分の欲しい情報をさりげなく引き出す心理学のテクニックです。

 

コールドリーディングの「コールド」(cold)は、「準備なしに」 「前触れなしに」 「突然」 などといった意味です。

 

また、コールドリーディングの「リーディング」(reading)は、心を読み取るという意味です。

 

したがって、コールドリーディングは、その場で下調べなしに相手の心を読み取る、ということを表しています。

 

下調べなしに、情報を即座に手に入れたり、相手の意見をこちらの都合の良いものに誘導するということを含みます。

 

これにより、占い師は相手の信頼を得ることができ、占いの信憑性も増すのです。

 

また、詐欺師は相手を上手く説得させるために、コールドリーディングのテクニックを使っていると言われ、

 

マジシャンは、コールドリーディングを使って、相手の選んだカードを当てたりすることができると言われています。

 

このようにコールドリーディングは、占い師や詐欺師、マジシャンなどが使うテクニックという認識があるようですが、これは、接客業の人であれば、誰でもやっています。

 

相手の服装や言動、持ち物から、どのような人か推測する。これは皆さんやっていることではないでしょうか?

 

ただ、占い師はより相手のことを知ろうとするために、これを日常的にやっています。

 

そうすることにより、ますます感性が磨かれていき、いわゆる当たるようになっていきます。

 

「コールドリーディング」が「下調べなしに」という意味に対して「ホットリーディング」というのがありますが、これは「下調べをして」という意味になります。

 

ホットリーディングは事前の準備をしておいて、占いや超能力などが当たったように見せかける手法です。

 

これは、日常生活ではほぼないと思います。

 

コールドリーディングは、人間関係や恋愛などにも使えますので、是非皆さんも取り入れてみてください。

 

相手のことを知ろうとすることは、とても素晴らしいことではないでしょうか?




お問い合わせ