【算命学】人の一生からみた星

訪問ありがとうございます。

長野の手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

算命学の鑑定を行う際には、「十大主星」と「十二大従星」という二つの星から見ていくのですが、本日は「十二大従星」について紹介したいと思います。

 

「十二大従星」は大変におもしろく、その人のもつエネルギーがわかるのですが、これが人の一生となっているのです。

 

まずは、ご自分の「十二大従星」を出してみましょう。高尾学館のホームページから、命式の出し方サイトをお借りします。こちら→ 自分の星を出す

 

・天報星(てんぽうせい):胎児期ー変転変化、多芸多才、お天気屋ー3点

・天印星(てんいんせい):赤児期ー無心、甘受、かわいい、ユーモア、養子ー6点

・天貴星(てんきせい):幼年期ー長男長女、プライド、学問、習得、お洒落ー9点

・天恍星(てんぴかせい):青少年期ー自由、タレント性、芸能、夢、離郷、色気ー7点

・天南星(てんなんせい):青年期ー批判精神、前進力、頑固、負けず嫌い、反骨ー10点

・天禄星(てんろくせい):壮年期ー安定、堅実、忍耐、説得力、慎重、論理ー11点

・天将星(てんしょうせい):頭領期ー王様、リーダー、エネルギッシュ、創始者ー12点

・天堂星(てんどうせい):老人期ー落ち着き、理性、自制心、常識、引込み思案ー8点

・天胡星(てんこせい):病人期ー夢、ロマンチスト、音感、直感、感受性ー4点

・天極星(てんきょくせい):死人期ー柔軟性、宗教、直感、広がり、お人好しー2点

・天庫星(てんくらせい):入墓期ー凝り性、研究心、墓守り、長男長女、歴史ー5点

・天馳星(てんそうせい):彼岸期ー多忙、活動、瞬間の大器、スピード、無欲ー1点

 

胎児→赤ちゃん→幼少期→少年→青年→壮年→頭領→老人→病人→死人→お墓に入る→あの世

 

というようになっています。これは病人の星を持っているから病気になるということではなく、そのようなイメージであるということなのです。

 

赤い字で紹介しました、天南星・天禄星・天将星はもっとも点数が高く、エネルギーが高い、と言えます。

 

 

エネルギーが高いというのは、身強(みきょう)と言って、現実的な世界で活躍できる人ということになります。

 

これも高いから良い、低いから悪いということは、一切ありません。エネルギーが低い人は、精神世界で活躍できる人になります。

 

自分はエネルギーが高く、現実的な世界で生きるのか?逆にエネルギーが低く、精神的な世界で生きるのか?

 

知っていると、人生を歩んでいく上で大変に役立つでしょう。

 

 




お問い合わせ