【算命学】内村航平選手おめでとうございます

こんにちは。

手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

オリンピック熱戦

毎日、オリンピックの熱戦が続いていますね。オリンピック選手の皆さん、本当に素晴らしいと思います。

 

メダルを取れた選手も取れなかった選手も素晴らしく、毎日血と汗のにじむ練習を続けてきたのだと思うと、尊敬しかありません。

 

私は、どうしてそこまで頑張れるのか?と考えた時、「自分のため」「応援してくれる人のため」「自分の国のため」どれもあると思うのですが、一番思うのは「今まで頑張ってきた自分を裏切れない」

 

ということに他ならないのではないでしょうか?あきらめることは簡単にできますが、今までやってきたことが無駄になってしまう気がするのです。

 

私は、内村航平選手の2大会連続の金メダルを見て、スポーツというより芸術的なものを感じました。

 

素晴らしい人に出会うと、この人は「算命学」ではどんな星を持っているのだろうかと、確かめずにはいられません。

 

内村航平選手の星

内村航平選手の命式です。

まず、目についたのが「将」という星。これは、天将星(てんしょうせい)と言って、「帝王・キング」の異名を持ちます。

 

十二の星の中で一番、エネルギーが強くどの世界に進んでも、リーダーたる器を持っています。そして「重荷・困難」こそが、この星を輝かせてくれるのです。

 

「天下をとるか落ち武者か」と言われるくらいで、苦労をすればするほど開運し、甘やかされた環境だと単なるわがままな人になり、この星の良さが活かせません。

 

そして、生月天中殺というものをもっており、これは社会からはみ出すという意味だったり、奇人変人に見られたりしますが、奇人変人というよりは、天才だなと個人的には思うのです。

 

なおかつ、生日天中殺も持っており、これは両親にとっては手のかかる子、扱いにくい子、心配をかける子となるのです。

 

このような場合、早くに家を出て、両親と距離をおいたほうが理解される。ということになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?皆さん、思い思いにオリンピックを楽しんでいらっしゃると思いますが、相手の立場にたったり、家族の立場にたったり、いろいろな視点で見てみると、おもしろい発見があるかもしれません。

 

皆さんの中にも、まだ知らない可能性が秘められています。「手相」と「算命学」でご自身の可能性を見つけてみましょう☆

 

関連記事→ パブロ・ピカソの手相

 




お問い合わせ