パブロ・ピカソの手相

訪問ありがとうございます。

 

長野市の占い師「ヒーリングルーム・シャンティ」の町田香織です。

 

以前、何かのテレビで長寿の方の手相は

生命線が長いというのをやっていまして、

 

ピカソの手相を思い出しました。

 

ピカソは、生涯におよそ1万3500点の油絵と素描、

10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、

最も多作な美術家であるとギネスブックに記されています。

 

また、私生活では妻以外に何人もの愛人がいたそうです。

 

そして、1973年に91歳で亡くなっています。

 

これだけでも、なんてパワフルな人なんだろう

と察しがつきます。

 

まさしく「英雄色を好む」笑

 

写真 ↑ のピカソの手相をみていただくと

生命線がとても長いのがわかります。

 

 

親指の近くにあるのが生命線ですが

生命線の意味は

*健康・寿命・体力です。

 

また、親指の付け根あたりが盛り上がってるのがわかりますよね?

これも、同じ意味です。

 

一見、すごく良いように思いますが

これまた、エネルギーが有り余りすぎて、

女性問題に発展するという事態になるわけです。

 

そして、当然のことながら体力を過信して

不規則な生活や暴飲暴食をすれば、短命になります。

 

逆に生命線が薄かったり、短かったりしても

規則正しい生活をして、健康に気をつけていれば

長生きできるのです。

 

男性の国内最高齢だったの小出保太郎さんは112歳ですが

小さい頃は体が弱かったそうです。

 

そして、食生活に気を付けるなどして112歳まで元気でおられました。

 

手相を知っておくととても便利ですよね^^




お問い合わせ