古代中国人の目線

皆さまこんにちは。

占いとアロマで心身ともに健康な人を増やす、手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

最近、ドラゴン桜にハマっています。ドラマは、ほぼ毎日録画してみているんですが、録画するとCMを飛ばすことができるので、便利です^^

 

ドラゴン桜の阿部ちゃんのセリフ、いっつも納得してしまいます。「バカとブスほど東大へ行け。」って。

 

本当に言ったらパワハラだとかなんとかって言われそうですが(^^;)

 

東大の試験に受かるためには、とことん「なぜ?」を考えろ、って言ってますが、ふむふむ納得というかんじです。

 

日頃、なぜ?って考えないし、ただなんとなく生活している人って本当に多いと思います。子供のころってあんになぜなぜ?って考えたのにね。

 

***

 

私は比較的、なぜ?って考える方で、世の中の仕組みに疑問をもったりね。だから占いをやっている、というのもあります。

 

皆さんはいかがですか?

 

話が飛躍しますが、古代中国人は自然をとことん観察したんですね。そこで、世の中にあるものは、すべて陰陽五行にわけられる、と発見したのです。

 

そして、(木・火・土・金・水)の陰陽五行説が生まれました。それが東洋占いの原点です。

 

その観察眼、すごいですよね。なぜ?と疑問を持つこと、これが成功への一歩だと思います♪

 


友だち追加

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?



無料メール手相講座

占い・手相鑑定のお申込み

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?

友だち追加
お問い合わせ