占いはほどほどの距離感で

本日も私のブログにお越しいただきありがとうございます。

手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

私は占いをしていく中で、様々なタイプの占い師に出会ってきました。そして、様々な考え方があるなと感じました。

 

人それぞれ考え方も違うのですから、占い師もそれぞれ考え方が違うことは当然のことです。

 

「今日は嫌なことがあった。調べたら天中殺の日だった。やっぱりね~!!」みたいな。

 

占い師あるあるだと思うんですけど、私個人としては、そこまで気にする必要はないと思います。

 

これが結婚する日とか、引っ越しの日とか、開業する日とかならわかります。私も気にします。

 

でも、毎日毎日そんなこと気にしてたら、やってられないな~と思うんです。

 

占いとうまくつきあうには、ほどほどの距離感。これが大事だと私は思います。

 

一時期、私も占いをとても気にして、がんじがらめになったこともあります。

 

*

 

良くお客様でもいらっしゃいますが、「良いことは信じるし、悪いことは信じない」こういう方はとても多いです。

 

そのくらいで良いと思いますよ。

 

私が言うのもなんですが、人生のすべてを占いで決めたり、依存したりするのは違うと思います。

 

是非とも、ほどほどの距離感でつきあってみてください。神経質になる必要はありません。

 

PS

結婚の日取りですが、算命学では入籍する日でもなく、結婚式の日でもありません。

 

「一緒に住み始める日」を言います。

 

男女が一緒に住むことを結婚と言います。皆さん入籍の日や結婚式の日を重要視しますが、一緒に住み始める日が大事です。

 

 


友だち追加

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?



無料メール手相講座

占い・手相鑑定のお申込み

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?

友だち追加
お問い合わせ