だから素人の占いは怖いんです

訪問ありがとうございます。

手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

私は、定期的にカーブスに行っているのですが、そこでよく会うオバサマがいます。

 

そして、会うと必ず「手相やってる?」と聞いてきます。なぜ、そう聞いてくるのか言うと、7年くらい前にカルチャースクールで手相を一緒に学んだからです。

 

そのオバサマは、カルチャースクール止まりだったのですが、私はカルチャースクールでは物足りずに鑑定士養成講座に進みました。

 

もっとも、そのカルチャースクールから鑑定士養成講座に進んだのは、ほとんどいなかったわけですが・・・・・・

 

先日、そのオバサマが「手相見せて~」と言ってきたので、私が「手相見てくれるんですか?」と半ば冗談まじりに行ったら、見てくれました(笑)

 

~オバ様との会話~

オバサマ「これが生命線でしょ?ここで切れてるから、病気するね。」

私「そういうことは言っちゃいけないんですよ。」

オバサマ「これが知能線でしょう?」

私「それは感情線です( ̄ー ̄;」

オバサマ「私は、生命線切れてないから大丈夫かな?」

私「大丈夫ですよ。」

 

つまり、オバサマは自分は大丈夫か?が聞きたかったのです。

 

そして、私が一番言ってはいけないと思うこと、「病気になる」などとネガティブなことを言うことです。

 

それは、素人がやりがちなことです。だから、聞きかじりや本を読んだだけの素人の占いは怖いんです。

 

むやみやたらに相手を不安にさせることは、絶対にしてはいけません。プロならば、まずそんなことはしません。

 

もっとも、プロでもそれをやる人がいますが、私はそういう人はプロとは呼ばないと思っています。

 

占いは「人を幸せにするため」にあるんです。不幸にする占いはあってはなりません。

 

また、私は人の生死について占うことは、絶対にあってはならないと思っています。

 

占いを受ける時、また占いを勉強しようと思う時、誰にお願いするのか?しっかりと選んでみてくださいね。

 

そして、やはり相性というものがあります。Aさんにとっては良かったとしても、Bさんにとってはイマイチということは、よくある話です。

 

占いを受けることは悪いことではありません。ただ、占いジプシーにならないように気をつけてくださいね^^




お問い合わせ