手相は遺伝する?

訪問ありがとうございます。

手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

皆さんは親や子供の手相と自分の手相を比べたことがあるでしょうか?

 

私たちの命は、父親と母親が出会って初めてこの世に生み出されるものです。

 

どんなにダメな親でも、その親がいなければ人は生を受けられないのです。そしてまた、私たちは、様々なものを親から受け継いで生まれてきます。

 

顔、体型、体質、考え方、生活など

 

必ずしも遺伝子だけで説明がつく特徴ばかりではありませんが、後天的に現れる性質も含めて人は親に似ます。

 

まあ、一緒に暮らしていれば、食べる物もだいたい同じでしょうし、生活パターンだって似てきます。

 

何年も一緒に生活していれば、色んな部分が似てくるのは不思議なことではありませんよね。夫婦だってそうなんですから。

 

手相もまた、遺伝することが知られています。手相は、大脳の発達と密接にリンクしているものですから、遺伝するといってもそれほど不思議ではないですよね。

 

 

健康・寿命・体力を表す「生命線」

感情や愛情の持ち方を表す「感情線」

思考や才能などを表す「知能線」

仕事運や人生そのものを表す「運命線」

 

生まれた時から手の平に刻まれているこれらの線は、両親からそれぞれ遺伝する線です。

 

手相は、確かに親から子へと遺伝します。しかし、手相がそっくりそのまま引き継がれるわけではありません。

 

生まれてきた瞬間には親と同じような手相をしていたとしても、時間を経るごとに手相はどんどん変わっていくものです。

 

「カエルの子はカエル」「トンビが鷹を生んだ」果たしてどちらが正しいのでしょうか?

 

親から離れて、自分の人生を歩くと心に誓った時、自分の手相も出来上がってゆくのではないでしょうか?

 

 




お問い合わせ