タダでみてもらえませんか?

訪問ありがとうございます。

手相・算命学鑑定士、町田香織です。

 

皆さまは、タダ・無料のものってどう思いますか?

 

タダで何かしてもらう。タダで何かをもらう。好きですよね?私も大好きです。笑

 

私がまだ駅ビルで占いをしていたころの話ですが、その頃は本当にいろいろなお客さんがいました。

 

学生さんも結構いて、高校生もいたんです。学生といえば、想像がつくと思いますが「お金がない!!」

 

ある時、3人連れの学生のお客さんが来ました。占いをしようかどうしようか悩んでいるふうでしたが、突然その中の一人が「タダでみてもらえませんか?」と言いました。

 

一瞬固まる私。

 

すると、隣にいた先輩鑑定士が「こっちも仕事だからね」とキツイ言葉でピシャリ!!

 

またしても固まる私。

 

たぶん、その学生さんは悪気はなくて、ついポロっと言ってしまったんだと思います。私も今思えば、そういうことあったと思います。

 

でも、先輩鑑定士が言ったように「仕事」なんですよね。

 

その時の言い方の違いかなと思うんです。やんわりと「ごめんね、仕事だからね」とか「他の方からもお金もらってるからね」

 

と言えばいいだけですよね。

 

 

これから、占い師になろうとする人は、必ずこの無料でやるか?いくらでやるか?という壁にぶち当たると思います。

 

私が思うには無料でやる場合を決めておかれると良いと思います。

 

例えば

 

・100人までは無料でやる

・スキルアップのためと割り切る

 

のように決めるとモヤモヤしません。

 

そうは言ってもこのご時世、付き合いがありますから、臨機応変さも大事です。どうしても無料で見ざるを得ない場合もあります。

 

その時、「私はプロですから、お金をもらわないと占いません」とかいちいち言っても、関係を悪くする場合もあるでしょう。

 

ですので、一つの線だけ見てあげる。「仕事運がとても良いですね。大丈夫ですよ」ハイ終わり。

 

私はこんなふうにしています。

 

占いを長くやっていきたいと思ったら、お金をもらうことをおすすめします。無料でやっていると続かないと思うんですよね。

 

教える方としても、受講生さんが活躍するのは嬉しいものです。

 




お問い合わせ