占いの意味付けは人それぞれ

訪問ありがとうございます。

 

長野市の占い師「ヒーリングルーム・シャンティ」の町田香織です。

 

先日、私はとある会に行って参りました。

その際に姓名判断をされる方がいまして、

 

「占いを無料でしてるけど、占いをすると夢を見るから、あまりやらない。」

とおっしゃっていました。おそらく悪夢なのか?

 

私には、ちょっとよくわからないのですが、

無料でやったら、どうやって生活していくのだろう?

 

と疑問に思いました。おそらく、本業ではないと思うのですが・・・

 

そして、そこにいた私の友人は、「占いは全く信じない。お守りやお札のたぐいも

買ったことがないし、おみくじも引いたことがない。

厄年にもお祓いに行かないし、車を買っても安全祈願のようなものにも行かない。

そもそも神社仏閣にほとんど行かない」

 

と言うんですね。

私は、本当に人それぞれだな~と思い、おもしろいなと思ったわけです。

 

私の行う占いは、手相と算命学ですが

手相は統計学ですし、算命学は中国の戦略家の鬼谷子(きこくし)

によって創案されたものですので、

私は、占い=学問と捉えています。

 

最も、中には簡略化されたりして、お遊び的要素があるものもありますが。

 

そう考えると占いというのは、何千年も続くものでありながら人それぞれの捉え方が違う、誠に不思議なものであると言えるのではないでしょうか。




お問い合わせ