占いは何のためにあるの?

訪問ありがとうございます。

 

長野市の占い師「ヒーリングルーム・シャンティ」の町田香織です。

 

占いには大きく分けて3種類あります。

*命(めい)

*卜(ぼく)

*相(そう)

 

ですね。その他霊感などもあります。

 

*命(めい)は、人が持つ運命や宿命を占う際に用いられる占術です。

誕生日や出生地を加えることで、その人の性質や性格、嗜好や人生の運気の上下する時期などがわかります。

 

例・算命学、占星術、四柱推命、九星気学など

 

*卜(ぼく)は、偶然性を捉えたもので、

人が関わり合う事件や事故などを占う際に使われる占術です。時間、方位などが占いを行なうのに必要とされます。

 

例・易占、タロット、ルーン占いなど

 

*相(そう)は、目に見える物、形や形状を持つ物の、姿や形を通して見る占いです。

 

例・手相、人相、家相など

 

それぞれに特徴がありますので、どれが良い悪いというのはありません。

 

恋愛で「彼の気持ちが知りたいんです」

などの質問は*命(めい)・相(そう)ではわかりませんので

卜(ぼく)の占いが良いと思います。

 

霊感占いなども良いかもしれませんね。

 

そもそも、占いは何のためにあるの?

と思いませんか?

 

占いができた背景には、国を治めるためであったり

いろいろな理由があると思いますが

 

基本的には

 

「幸せになるため」です。

 

人は生まれてきたからには、誰にでも幸せになる権利があります。

 

悩み苦しむ人々を助けるのが占いの役目だと思います。

その他、ヒーリングやセラピーも同じではないでしょうか?

 

いろいろな占いがある中で

これは、占いではなく学問であるとか、暦読みであるとか、星詠みであるとか、

言われる方がいます。

 

まあ、それはもちろんその通りなんですが

お客さんにしてみたら、そんなのどうでもいいよ。

 

ってかんじだと思うんですね。

なので、私はどう捉えてもいいよっていうスタンスです(^^;)

 

幸せの定義は人それぞれ違うと思うのですが

貴方の幸せへのアドバイスをさせていただきます。




お問い合わせ