社長か乞食か?ますかけ線

訪問ありがとうございます。

 

長野市の占い師「ヒーリングルーム・シャンティ」の町田香織です。

 

特殊な手相で、ますかけ線という

手相があります。

 

これは、徳川家康の片手がそうだったと言われ

天下取りの相だとか百握りなどと言われています。

 

この手相の意味は波乱万丈であり、

最後の勝利者です。

 

確かに強運の持ち主でもありますが

それゆえに波乱万丈の人生を送るのです。

 

手相は善し悪しではない

 

ということをお伝えしたのですが、

この相を持ってるから良いということではありません。

 

本人の使い方次第です。

 

ますかけ線を持っているから私はラッキーなんだ。

で、何もしなければ、それは当然ですが乞食になりますね。

 

鑑定させていただいた中では、

ますかけ線を持ってる方は比較的珍しいですが

結構いらっしゃいました。

 

やはり社長に多いようです。

 

悪い例ですと、仕事をせずギャンブルばかりしている

という方もいました。

 

平凡なサラリーマンというのは向かないでしょう。

素直に人の言うことを聞くなどということは

この方にとって、ありえません。

 

勘違いが多い例としては

感情線が突き抜けているタイプ。

これは、ますかけ線ではありません。

感情線の変形バージョンで、

独占欲の強いタイプです。

 

以前にこのタイプの方で

自分はますかけ線だと思っていたのですが、

私がはっきりと違います。

 

と指摘してしまったためにショックを受けていました。

勘違いしたままの方が本人にとっては

良かったかもしれませんね(^^;)




お問い合わせ