六十干支とは?

訪問ありがとうございます。

長野の手相・算命学鑑定士、町田香織です。

 

皆様は、干支という文字を何と読みますか?普通「えと」と読みますよね?算命学において、欠かせないのがこの干支、これを「かんし」と読みます。

 

算命学とは、中国の陰陽五行思想に基づく占星術のことをいいます。生年月日から導き出される干支を元に、その人がたどる運命を占う学問として日本で確立されました。

 

算命学では、その人が持って生まれた星などから、特性や宿命、相性などを算出することができます。

 

その干支は全部で60個あります。

 

このように干支に番号がついていて、これだけでも占いをすることができるのです。

 

六十干支(ろくじゅっかんし)とは?

 

「十干(じゅっかん)」の甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸と、「十二支(じゅうにし)」の子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥との組み合わせです。

 

「十干」は「空間世界」を、「十二支」は「時間世界」を表しています。自分が生まれた日をもとに導き出された「干支」でその人の特徴を掴むことができるのです。

 

十干のイメージはこのようになります。

「甲」=樹木

「乙」=草花

「丙」=太陽

「丁」=灯火

「戊」=山岳

「己」=大地・田園

「庚」=鉄鋼

「辛」=宝石・砂利

「壬」=海・湖

「癸」=雨・露

 

十二支のイメージはこのようになります。

「子」=12月・冬

「牛」=1月・冬

「寅」=2月・春

「卯」=3月・春

「辰」=4月・春

「巳」=5月・夏

「午」=6月・夏

「未」=7月・夏

「申」=8月・秋

「酉」=9月・秋

「戌」=10月・秋

「亥」=11月・冬

 

これを組み合わせていきます。干支番号(かんしばんごう)の1番は「甲子(こうぼくのねずみ)」ですから、冬の樹木ですね。

 

これを人に例えると、あまり活動的ではないけれども、忍耐力のある人。また、他者を活かす力量がある人。とも捉えられます。

 

これだけで占いをするのは、難しいところがあるのですが、どのような人か?というのが、ざっくりとわかります。

 

私はやっていませんが「六十花甲子(ろくじゅっかこうし)」という六十干支をもとにした占いもあります。

 

ご自分がどのような星を持っているのか知ると、とてもおもしろい発見がありますよ。

 



お問い合わせ