現実社会に生きる人と精神世界に生きる人

訪問ありがとうございます。

長野市の占い師「ヒーリングルーム・シャンティ」の町田香織です。

 

現実社会において、うまく溶け込める人

なかなか溶け込めずに生きるのがツラいと感じる人。

 

私は後者なのですが、この違いはなんなんだろう?

と思っていました。

 

それは、算命学を学ぶことにより解決できたのです。

 

算命学には、十大主星と十二大従星というものがあり

十二大従星はあなたがもつエネルギーの強弱がわかるのです。

 

「天南・天禄・天将」

をもつ人は身強(みきょう)と言って、エネルギーが強い人です。

これは現実的なビジネスの世界、集団の中でたくましく生きていける人です。

 

それに対して「天極・天庫・天そう・天胡」などの星は身弱(みじゃく)

と言って、エネルギーが弱い人です。

これは精神的なもの、目に見えないものを重視した生き方が向いています。

 

どちらが良い悪いということは、全くありません。

しかしながら、現代社会において私は身弱だから働かない

などということはできません。

 

エネルギーが強かろうが弱かろうが

働かなければなりません。

 

問題は、それを知っているかいないかなのです。

自分の持つ星を知り、それを活かすことが大事です。

 

私が鑑定させていただいた中では「天将」を持っている方は

社長だったり、キャリアウーマンでバリバリと働いている方が多いです。

 

また、精神世界のことを扱っていたとしても経営に長けている

という方もいらっしいます。

 

「やはりそうなんだ」と納得しきりです。




お問い合わせ