天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)

本日も私のブログにお越しいただきありがとうございます。

手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

2日後の4月8日は灌仏会(かんぶつえ)の日です。

 

灌仏会とは仏教の開祖、釈迦が生まれた日とされており、桜の時期であることと行事に花を多く用いることから、「花まつり」という名でも祝われる大切な日です。

 

 

伝説では、釈迦は生まれてすぐに七歩歩いて右手で天を指し、左手で地を指して『天上天下唯我独尊』と仰ったと言われています。

 

*

 

皆さんは、この言葉聞いたことありますか?私は遠い記憶をたどると、確かスラムダンクに出てきたような・・・・・

 

この言葉は、しばしば誤解して使われることがあります。

 

「この世で一番尊いのは自分である。なぜなら自分という存在はこの世に一人しかいないからである。」という拡大解釈から

 

「自己中心」とか「傍若無人」と同じ意味で使われることがあります。

 

長い歳月の中で、漢字を直訳して勝手に一人歩きしてしまったのではないかと思われます。

 

もしも、このような意味だと思い込んでいる人は、正しい意味を知り、これからの生き方に生かしていただきたいと思います。

 

*

 

わかりやすく言うと「自分という存在は、誰にも変わることのできない人間として生まれており、この命のまま尊い。」ということが本来の意味です。

 

現実の世界に置き換えると、人間の命の尊さは、能力、学歴、地位、名誉、財産などの有無を超えて、そのままで尊い「自分」を見だすことの大切さを教えている言葉なのです。

 

あなたの人生はあなただけのもの、あなたは自身は唯一無二の存在で、心から幸せと思える未来があります。

 

 


友だち追加

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?



無料メール手相講座

占い・手相鑑定のお申込み

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?

友だち追加
お問い合わせ