占いとヒーリングって何が違うの?

訪問ありがとうございます。

手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

皆さん、占いとヒーリングって何が違うの?と思ったことはありませんか?

 

私は、屋号が「ヒーリングルーム・シャンティ」と言うので、混同しがちかもしれませんが、ヒーリング=癒し で、身も心も癒されて欲しいという思いが込められています。

 

ですので、アロマテラピーもやっています。ちなみに「シャンティ」とはサンスクリット語で「平安・寂静(じゃくじょう)・調和」という意味があります。

 

占いもヒーリングも、科学的にはやや不明瞭なものを使って、人の悩みを解決する点は同じです。ホームページやサロンの雰囲気も似ていることが多いですよね。

 

では、占いとヒーリング何が違うのでしょうか?

 

ざっくりいうと、占いは「法則を告げるもの」、ヒーリングは「癒すもの」です。

 

占いというと、代表例はホロスコープ、四柱推命、手相、風水、タロット、数秘術などですよね。

 

占い師に恋愛運はどうですか?と訊けば、

「あなたの生まれたときの星の位置が○○だから××です。」
「あなたの手相は○○だから××するといいですよ。」

 

なんて返答があります。

理論的に、星の位置やタロットの出方をある法則にあてはめて、それが意味するところを教えてくれるのが占いです。

 

それが直接運気アップや癒しにつながるわけではなくて、ふつうの人には見えない(?)わからないものを見て使い方を教えてくれることによって幸福につなげるわけですよね。

 

 

お医者さんが普通の人は知らない知識を使って病気の原因を探り、解決方法を教えてくれるのと似ています。

 

一方でヒーリングはその名の通り癒しですから、ただひたすら癒していきます。ヒーラー自身には何かしらの理論があるのかもしれませんが、それをクライアントに告げる必要は必ずしもありません。

 

もちろん、原因やその理論を説明するという方針のヒーラーもいると思いますが、それは本質ではないということです。

 

つまり、占いも最終的に癒しになりますが、もっと直接的に「癒されたい」と思っているのであれば、ヒーリングの方が良いと思います。

 

私が今まで経験してきた中では、スピリチュアル、ヒーリングを好む人と占いを好む人はタイプが違うように思います。

 

占いは、どちらかというと現実的な悩みで、今この瞬間、この問題をどうにかしたい。という方が多いのに対して、スピリチュアル、ヒーリングを好む人は、過去や未来など幅広い問題をどうにかしたい。という方が多いような気がします。

 

これは、どちらが良いとか悪いとか優劣の問題ではなく、自分がどちらを好むか?という問題なので、直感で選んでいただくと良いと思います。




お問い合わせ