占いの種類

訪問ありがとうございます。

手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

皆さまは、世の中にどのような占いがあるかご存知でしょうか?私は占いが大好きで、様々な占いを勉強してきました。

 

そして、皆さまに提供したいと思ったのは、手相と算命学に至ったわけですが、その他にもいろいろな占いがあります。

 

本日は占いの種類について、ご紹介したいと思います。

 

占いは、全ての相談内容に対して万能ではありませんので、その占いがどんな占いなのか?ということを予備知識として知っておくことが占いを上手に活用するポイントです。

 

占いは基本は3種類に分類されます。それぞれの占いについて特徴を把握しておきましょう。

 

命(めい)

その人の本来持っている性質、流れ(傾向)、運命を占うのに適しています。

 

生年月日を利用して、システム化された方法で結果を導き出すことから、統計学的な要素が強いです。

 

研究者も多いため、解釈の違いによって流派が細かく分かれています。

 

先天的な運命や運気の流れ、人間同士の相性も総合的に占うことはできますが、彼の気持ちや、今の状態についてのYes、Noをはっきりさせるような回答を求める場合は適していません。

 

・東洋=四柱推命(動物占い、六星占術)・0学占い・算命学など
・西洋=西洋占星術、数秘術など

 

卜(ぼく)

人が関係する事柄(事件)を占うのに適しており、例えば、いまの恋人との関係や今後の状態など、状況により常に変化する流動性質が高い内容が向いています。

 

偶然性を利用するため、占いの結果は抽象的となり、さまざまな解釈が可能となります。

 

この内容を適切に解釈して答えとして導きだすため、インスピレーションを働かせる必要があり占い師の力量に左右されます。

 

また当然ながら占うたびに答えが変わります。占う方法は偶然性を用いますが、占うタイミングは必然として考えることで、潜在意識からのメッセージを得ることができます。

 

・東洋=易、おみくじ など
・西洋=タロット、トランプなどのカード占い、水晶占い、ルーン占い など

 

 

相(そう)

目に見える対象の姿や形から人への影響、吉凶をみる占いで、性格や運勢の傾向などを知るのに適しています。

 

人の顔や手のしわ、爪の形など、この世のあらゆるものの形に、本質があらわれてくるという考え方をベースにしています。

 

人の相は過去の現れと考え、またある程度の未来の流れを予測できるものと考えています。

 

統計学(命)の要素も強いのですが、結果を導き出す過程が数値化されていないため、数値的な部分(判断)としては答えに幅が出てきます。

 

・東洋=手相・人相・印相・風水 など
・西洋=夢占い など

 

ご紹介した3分類以外にも、霊感や霊視、予見などの第六感のみによるもの、質問に回答することで判断する診断占いのようなものもあります。

 

占う内容に適した方法を用いることで、悩み事に対してより具体的な答えを導き出すことができるようになります。

 

どのようなことで悩んでいるのか考えて、選んでみてくださいね。




お問い合わせ