占い師は一日にしてならず

本日も私のブログにお越しいただきありがとうございます。

手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

皆さんは「ローマは一日にしてならず」という言葉を知っていますか?(知ってますよね・・・・・)

 

ローマは一日にしてならずとは、大事業は長年の努力なしに成し遂げることはできないと言う例えです。

 

【ローマは一日にしてならずの解説】

【注釈】 英語のことわざ「Rome was not built in a day.」の訳。

 

「すべての道はローマに通ず」と言われたほど繁栄したローマ帝国も、築くまでには約七百年もの歳月を費やし、長い苦難の歴史があり、決して短期間で完成するものではないということです。

 

【英語】 Rome was not built in a day.(ローマは一日にしてならず)

 

*

 

「継続は力なり」「塵も積もれば山となる」「小銭も蓄えれば財布が一杯になる」「小さな一撃も大きなカシを倒す」など、微力なものも継続すれば大きな力になり、成功に導く事という例えです。

 

占い師もこれに似てるな~と思うのです。

 

1日や2日勉強したからといって占い師になれるか?というと、それは全くもって無理なわけで、何年もかかるものなのです。

 

世の中には1日で取れる資格などもありますが、あまり役に立たないのかな~と私は思います。

 

まあ、1日とか2日とか集中してやる講座もありますけど、結局のところ何日もかけて自分で勉強したりしなければならないので、同じことが言えるのかな?

 

 

よく、この「ローマは1日にしてならず」という言葉をもじって「美は1日にして成らず」とかも言いますけど、美や健康も1日ではどうにもなりませんよね。

 

占いも早く勉強して早く使えるようになりたい、とお考えの人もいると思いますが、ハッキリ言ってそれは無理ではないかと思うのです。

 

自分がお客さんとして占いをして欲しいと思った場合、占い師歴1年です。という人と占い師歴10年です。といいう人、どちらの人にお願いしたいのか?って話です。

 

やはり、信頼される占い師になるには、じっくりと時間をかけるしかないのです。

 

占い師に限らず、どのような仕事でも同じだと思いますが、信頼される人となるには時間がかかりますものね。

 

PS

 

マザーテレサの有名な言葉がありますが、私はこの言葉が大好きです。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

 

 


友だち追加

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?



無料メール手相講座

占い・手相鑑定のお申込み

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?

友だち追加
お問い合わせ