年をとればとるほど良い占い師の世界

訪問ありがとうございます。

手相・算命学鑑定士、町田香織です。

 

新年度が始まりましたね。新しい学校、新しい会社などなど。新しい生活が始まる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

新しいスーツに身を包んだ、初々しい姿はとても好感がもてますよね。私にもそんな時代があったのですが・・・・・・・昔すぎて、思い出せません^^;

 

社会の中では、とかく若い人がもてはやされますよね。

 

私の友人は、アラフォーなのですが、会社で肩たたきにあっているそうです。話を聞くと、正社員は彼女だけで、他の方は、パートばかりなんだそうです。

 

正社員も女性は20代しかいないようです。まだまだ、そういう会社があるんですね。

 

一般の会社だと、年をとればとるほど、うっとうしく思われるということが、多かれ少なかれあると思います。

 

しかし、年をとればとるほど良い職業というものがあります。それは「占い師」です。20代の占い師がいたとして、その人のいう事って素直に聞けますか?

 

私は無理です。笑

「なんであなたに言われなきゃいけないの?」と思っちゃいますもん。

 

これが、50代60代70代と年を重ねるにしたがって、どんどん言う事にも重みが出て、ついつい信じてしまいたくなりますよね。

 

自分で言うのもなんですが、こんなに良い仕事って他にないと思うんですよね。

 

駅ビルMIDORIで占いをしていた時も私が一番若く、60代70代の女性がたくさん活躍していました。ほとんどの方が子育てが終わった50代くらいから勉強されて、占い師として、デビューしていました。

 

生涯現役でお仕事をしたいと思うのであれば、占い師をおすすめします。

 

「占い師は年をとればとるほど良い仕事」です。

そんな仕事をやってみませんか?

 




お問い合わせ