占い師になって良かったこと

こんにちは。

長野の占い師、町田香織です。

 

私は占い師になって、まだ10年たちませんが、占い師になって良かったと思うことは日々あります。以前は、普通の会社員で、何回か転職しました。

 

関連記事→ 私の占い師への道のり

 

コンタクトレンズがお客様に合うように検眼したりする仕事や、携帯電話のショップの事務や、保険の営業をしていたこともありました。

 

生きるために仕事をするのか?仕事するために生きるのか?

 

コンタクトレンズの仕事は薄利多売だったので、多忙を極め、1週間くらいで辞めていく人が続出していました。

 

その仕事を2年くらいやっていたので、若くしてお局様でした。その時、あまりの忙しさに「生きるために仕事をするのか?仕事をするために生きるのか?」わからなくなっていました。

そんな状態が続くわけもなく、やむなく辞めました。

 

どの仕事もやりがいはあったのですが、自分には合わないなと思った仕事は、事務でした。もともと人と接することが好きだったので、パソコン入力の作業は、とても苦痛で、楽しいと思ったことは、あまりありませんでした。

 

10年前に自宅でアロマサロンを始めてからは、とても楽しく一人一人のお客様に寄り添うことができるので、本当に良かったと思っています。

 

 

占い師になって良かったこと

占い師になって良かったと思うことは、いくつかあります。

 

・一生楽しめる趣味が得られたこと

・手に職を付け、独立できたこと

・占いスキルが人生設計に役立ったこと

・自分自身に対する理解が深まったこと

・物事の判断材料が増えたこと

・色々な分野へ関心が広がったこと

・人間関係がより良くなったこと

・一生続けられる仕事につけたこと

・好きなことを仕事にできたこと

・多くの出会いから学べること

・人と深く関われること

・人に喜ばれ・感謝されること

・年を重ねるほど、仕事が楽しく充実してくること

 

こんなかんじでしょうか。

 

まとめ

先日、こんな話を聞きました。ライスワークとライフワーク、どっちも大事

ライスワーク=ご飯を食べるための仕事、ライフワーク=好きなことを仕事にする。

 

本当にそうだなと思いました。ご飯を食べるだけの仕事では、人生つまらない。

 

好きなことを仕事にでき、それでご飯を食べられたら言う事ありません。しかしながら、好きなことで食べて行くには、容易なことではありません。

 

どちらが良いとか悪いとかではなく、どちらも大事ですね。




お問い合わせ