【財運線】お金についての考え方

訪問ありがとうございます。

長野の占い師、町田香織です。

 

皆さまは「お金」について、どのように考えていますでしょうか?

「お金」は「エネルギー」でしょうか?

「お金」は「愛」でしょうか?

はたまた、「お金」は「悪」でしょうか?

 

いろいろな考え方があると思いますが、手相においては③パターンに分けられます。お金は財運線でみていきます。小指の下に縦にのびる線を指します。

 

①貯蓄型

 

 

小指の真下に線がはっきりとある人は、お金は貯めるものと考える人で、倹約節約の見本のような人です。無駄遣いが大嫌いで、1円でも安い店で買い物をするといったタイプです。

 

夜な夜な通帳を見ながら、にやにやしているかもしれません。周りから、ケチで付き合いが悪いと思われないように注意しましょう。

 

②投資型

 

 

財運線が小指と薬指の間にある人は、お金を投資運用するタイプです。お金に働いてもらうといった感覚をもつ人ですね。

 

不動産や株に投資をして、お金を増やす才能のある人です。また、話も上手で説得力があります。くじ運なども良いようです。

 

③浪費型(ザルタイプ)

 

 

財運線が何本もある人は、ザルタイプといって浪費家です。(このタイプが一番多い)お金は入ってくるけれども、あるだけ使ってしまう人です。

 

お金は天下の回りものとばかりに入ってきては使ってしまうので、なかなかたまりません。でも、出て行ったらまた入ってくるという不思議な運の持ち主です。

 

どのタイプでしたか?

お金は生きている限り、どんな人であっても、一生付き合っていくものです。しかし、お金に対する教育を受けてきた人はいないのです。

 

学校でも教えてくれないし、家庭でも教えてくれませんよね。

 

なぜなら、お金に対しての教育を受けてきた人はいないからなのです。でも生きていくためには、便利な道具としてお金は必要です。

 

そして、なぜか、お金持ちは「悪い人」というレッテルが貼られるようになり、お金を必要以上に稼ぐ人に対しての偏見をもってしまいがちです。

 

お金は善でも悪でもありません。お金と健全に付き合っていけると良いですね。




お問い合わせ