【手相占い】二本あると線の意味が倍になる

訪問ありがとうございます。

長野の手相・算命学鑑定士、町田香織です。

 

手相には様々な線がありますが、基本となる線「生命線・知能線・感情線」があります。

 

これらの線が二本ある方がまれにいらっしゃるのですが、二本あるということは、その線の意味が二倍になるということです。

 

まず、生命線から見ていきましょう。

 

二重生命線

生命線は、健康・寿命・体力などを表し、その人のもつエネルギーがわかったりします。

 

よく、「あの人はパワフルだ」などと言いますが、そういう方は生命線もはっきりしていて、線も濃く長いのです。

 

そして、写真↑のように生命線が2本ある場合、「二重生命線」と言って、二人分の肉体力、二人分の生命力がある人で、超長生きします。

 

平均寿命は軽く超えて、まさしく「殺しても死なない」タイプです。性格も明るく楽天的で、小さいことにもくよくよしません。

 

ですが、こういった線をお持ちの方は、自分の体力を過信して無理無茶をしやすくなります。

 

そうするとどうしても体調を崩すといったことがありますので、無理無茶しないように心がける必要があります。

 

二重知能線

知能線は才能や適職などを表しますが、知能=考えると捉えますと、知能線が長いということは、考える時間が長いと言えます。

 

知能線が長い人は、頭の良い人が多く論理的であるために、頭を使う仕事が向いています。

 

 

写真↑のように、この線が二本ある、ということは、二つの才能、二つの性格を持っている人です。起業家、創業者として成功するタイプです。

 

二人分の頭脳を持っているため、勉強の好き嫌いに関わらず、知能指数が高く、仕事の才能も二人分あります。

 

女性の場合は、典型的なキャリアウーマンです。どんな環境にも順応する能力があり、どんな業界でも生きていけるでしょう。

 

二重感情線

感情線は「恋愛運」がわかり、恋愛の傾向、心模様などがわかります。感情線がカーブを描き、長い人は愛情深く、奉仕の精神にあふれる人です。

 

また、感情線が短く、まっすぐな人は大変にクールで冷静な人と言えます。

 

 

写真↑のように感情線が二本ある、ということは、二人分の感情、強い愛情を持っている人です。

 

二人分の愛情があるので、精神力も強く、どんな困難苦労にもめげないタイプです。何回フラれてもめげずにアタックし続けるようなところがあります。

 

二本ある線はありましたか?

この基本線以外にも、線が二本あると意味が倍になりますが、単純に多ければ良いというものでもありません。

どの線にも長所短所が必ずあるのです。

 




お問い合わせ