手相占い「仏眼相」

本日も私のブログにお越しいただきありがとうございます。

手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

皆さんは「仏眼相」って聞いたことがありますか?

 

親指の第一関節のところに2本うっすらと目が開いたように見える線を「仏眼相」と言います。別名は、仏心紋とも呼ばれますが、ご存知ない方が多いと思いますので、詳しく意味を説明していきます。

 

まず、仏眼相とはご先祖様からの守護が厚く、直観力が強いことを示す相の事です。二重になったり複数あったり、両方に線がある方もいます。

 

複数あることで、仏眼相の持つパワーを強くします。

 

また、神仏の加護に恵まれとても直観力に優れているので、外出先や旅行先で何かを感じとったり、交通事故に寸前で逃れていたりします。

 

もしかしたら、普通の人には見えないものや感じられないものを、見たり感じたりすることができる能力の持ち主かもしれません。

 

霊感が強いとされている手相は、仏眼相の他にも「神秘十字線」があります。

 

 

仏眼相よりも「神秘十字線」の方が珍しいです。感情線と知能線の間に運命線と交差する神秘十字線は、神秘的な才能や信仰心の厚い人に表れる線です。

 

仏眼相のように先祖代々に見守られている相なので、大きな事故や病気といった災難から救われることが多くなります。

 

では、一本以上の仏眼相の持ち主の確率は一体どのくらいいるのでしょうか?

 

仏眼相が両手にある人

特別な能力と霊感の持ち主であり、さらに記憶力に長けているという仏眼相が、両手ともにある人は中々珍しいです。また、直感力などが普通の人の数倍以上あるそうです。

 

さらに、第六感が人よりも優れていて相手の考えや危険な人を見分けることができてしまうのです。

 

仏眼相が左手にある人

左手に仏眼相をお持ちでも全く何も感じない方もいますが、左手の仏眼相が濃ければ濃いほど勘が鋭い人になります。霊感が強く金縛りにあうこともあるでしょう。

 

仏眼相が右手にある人

逆に仏眼相が右手にあり、濃ければ濃いほど現在お持ちの能力が向上したり、直感の向上が期待できるということになります。

 

左手よりも右手に仏眼相があったほうが、怖い思いもあまりなく自分の技術や趣味の向上にひと役かうことになります。

 

皆さんは「仏眼相」ありましたでしょうか?

 


友だち追加

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?



無料メール手相講座

占い・手相鑑定のお申込み

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?

友だち追加
お問い合わせ