読まれている記事ランキング

訪問ありがとうございます。

手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

今年1年も締めくくりということで、皆様がどのようなブログをお読みいただいてるのか、ランキングにしてみました。

 

よろしかったらお付き合いくださいませ。

 

1位 特殊な運気「大運天中殺」

誰もがめぐってくる天中殺とは別に、大運天中殺と呼ばれる、恐ろしくも素晴らしい運気をお持ちの方がいらっしゃいます。

 

この運気は、お持ちの方と、生きている間には生涯めぐってこない方がいらっしゃいます。運気のバイオリズムというものは、チューブの中を上下しているようなイメージです。

・・・・・・・・・続きはこちら→ 特殊な運気「大運天中殺」

 

 

2位 間違いやすい手相「社交線」と「金星帯」

手相には、「4大基本線」と「20の補助線」があります。合計すると実に24本の線があるということになります。

 

当然、これを見分けるのは難しく、プロの鑑定士でなければ、見分けることができない線もあります。特に間違えやすい線は「社交線」と「金星帯」です。

 

「社交線」はその名の通り、社交的な方です。

・・・・・・・・続きはこちら→ 間違いやすい手相「社交線」と「金星帯」

 

 

3位 天中殺占い

皆さまは、天中殺という言葉をご存知でしょうか?天中殺は1970年代に日本中で大ブームになりました。

 

「天中殺に事をおこすと必ず破滅する」と、あまりにも衝撃的な取り上げ方だったため、恐いというイメージばかりが一人歩きし、当時は社会問題にもなりました。

・・・・・・・・続きはこちら→ 天中殺占い

 

 

4位 【算命学】人の一生からみた星

算命学の鑑定を行う際には、「十大主星」と「十二大従星」という二つの星から見ていくのですが、本日は「十二大従星」について紹介したいと思います。

 

「十二大従星」は大変におもしろく、その人のもつエネルギーがわかるのですが、これが人の一生となっているのです。

・・・・・・・・続きはこちら→ 【算命学】人の一生からみた星

 

 

5位 占い師に向いている人とは?

占い師ってどんな人がなれると思いますか?生まれつき霊感がある人?私も最初はそのように思っていました。

 

しかし、本当に霊感がある人というのは、あまりいないと思います。そして、それを人の為に正しく使えるとなるとほぼいないんじゃないかな?と思っています。

・・・・・・・・続きはこちら→ 占い師に向いている人とは?

 

 

いかがでしょうか?私自身もびっくりするランキングになりました。どの記事がおもしろかったか、教えてくださいね☆


友だち追加

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?



お問い合わせ