手相占い師の必須アイテム「天眼鏡(てんがんきょう)」

皆さまこんにちは。

 

本日は手相占い師の必須アイテム「天眼鏡(てんがんきょう)」をご紹介したいと思います。一般的に虫眼鏡と言われるものです。

 

これは、なぜ持つのか?というと、ズバリ見やすいから!!

 

手相の4大基本線は濃いので、そんなに見づらいということはないのですが、補助線は結構見づらい場合があります。

 

また、照明が暗かったりすると、かなり見づらくなります。中にはライト付きの天眼鏡もあります。

 

それと、もう一つ重要な役目があります。

 

それは、パフォーマンスです。持つことによって、「手相占い師」ということが一目瞭然だったり、しっかり見てくれそう、という印象を与えます。

 

この見た目から入るというのは、とても大事です。時に人は、見た目でほぼ100%を人を判断しています。

 

よく、婚活などの際には「見た目で判断するな」とか言いますが、ハッキリ言ってきれいごとだと思います。

 

見た目を磨かない人は、本当に損しているのではないでしょうか?

 

話を天眼鏡に戻しますと、この天眼鏡の意味は人相見・手相見が使い、運命など普通には見えないものまでも見通す、柄のついた大形の凸レンズ

 

とあります。コトバンク参照

 

そうなんです。ですから、絶対に手相占い師には必須なのです。

 

私の持っています天眼鏡は、直径20cm、レンズの部分の直径が9cmです。倍率が高すぎても、見づらくなりますので、気をつけてください。

 

そして、もう一つ必要なものがあります。それは「指し棒」です。

この指し棒は特になくても良いのですが、この線が〇〇で~と説明する時に非常に役に立ちます。

 

そもそもは、かんざしです。指だと、線が隠れてしまって見づらくなります。また、かんざしは見た目も綺麗ですし、いろいろな種類がありますので、おすすめです。

 

 

いくつか探してみました(画像はお借りしました)

 

かわいいですね。本来は髪の毛をまとめたりするものなので、髪の毛が長かったら使いたいです♡

 

でも、かんざしはちょっと高いので、100円均一に売っている、このようなお弁当用のピックでも良いですよ。

 

ただ、短いので使いづらいですけどね^^;

 

いろいろとアイディアで楽しむのも良いですね。自分で作ってみても良いかも!?

 

これであなたも手相占い師に(笑)




お問い合わせ