占い師の苦悩エピソード

こんにちは。

長野の占い師、町田香織です。

 

私が占い師になってからというもの、いろいろな経験をさせていただきました。占い師ならではの経験、ご紹介したいと思います。

 

①ドラマを観ていても手相が気になる

皆さん、それぞれご自分の職業病ってあると思うのですが、私は人の手を見るのがくせです。

 

私はドラマが好きで、録画して観るのですが、そのドラマを観ている最中でも芸能人の手の平がでてくると思わず一時停止して見てしまいます。
関連記事▶ 山下智久さんの手相

 

そして、こころの中でこの人、こういう性格なんだ~とひそかにニヤニヤしています(興味のある芸能人だけ)これは、占い師の特権だな~と思っています。

 

②合コンでモテるが手相目当て

私がまだ手相習いたてのころ、とある飲み会に行って、だまっていればいいのに「手相が見れる」と自分で言ったのでしょうね。

 

居酒屋で私の前に行列ができてしまい、延々と手相を見るはめになったという事件がありました。

 

私はその飲み会で、ほとんど飲まず食わずで占いしていて、以来、手相が見れるということは飲み会の席では黙っていようと心に誓いました。

 

あと、友達が合コンの席で「香織さん、手相が見れるんだよ」と言ったあかつきには、見るはめになりますので、要注意!!しかしながら、上手く断る術を身につけることです。

 

これは、素人ならいいのですが、プロなら当然お金をいただきます。無料で占いをしたら、お金をいただいて占いした方に失礼になりますよね。

 

そして、男性の場合、手相が見れるとなると、合コンではモテます!!なぜなら、女子は占いが大好きだからです。そこで勘違いしてはいけないのは、貴方に興味があるのではなく、自分の手相に興味があるのです(笑)

 

しかしながら、もしかしたらもしかするかもしれないので、モテたい男性は手相を勉強するべし!!

③手相みてあげる~と男性が手をにぎってきた

私も、ごく稀ではありますが、男性からお誘いを受けることがあります。以前にお食事に誘われて、ノコノコと出かけていったわけですが、お食事しつつ話をしていたら、男性がいきなり「手相見てあげる」と言って、手を握ってきたのです!!

 

内心「ぎょっ」としつつも見てもらうことにしました。そしてその男性は「この線がなんとかで~」とか言って本当に占いをし始めたのです。

 

そこで私も素直に聞いていればいいのに、あろうことか「なんでそうなるの?ちがうでしょ!!」と説教してしまったのです。

 

これには、男性もタジタジで「えっ?本当に手相見れるの?マジで?」しどろもどろ・・・・・・

その男性は二度と連絡してきませんでした(笑)

あ~、これは結婚難しいな、私。と思った次第です。

④手相は道具もいらないし、いつでもどこでも見れるのが利点

生年月日から見る占いや、タロットのように道具を使う占いと違って、いつでもどこでもできるのが手相占いです。この手軽さが、他の占いと違う最大のメリットではないでしょうか?

 

しかしながら、知り合いなどが「見て見て~」と言って手を出してきます。こちらも悪気がないことはわかっていますが、先ほども書いたようにプロはお金をいただいて、占いするものです。なので、上手くかわす必要があります。

 

そこで、ぴしゃりと断ってしまうと関係性が悪くなってしまうので、「今、時間がないので~」とやんわりと断りましょうね。私は、時と場合によって「仕事運はいいですね」くらいは言います。

 

もっとおすすめなのは「詳しく見たいから、今度家に来て」とお仕事に繋げることです。これが出来れば一人前。

 

 

まとめ

いかがでしたか?何の苦労もしてなさそうな?占い師も意外と苦労してます(笑)

 

でも、普通の会社員をしていたら経験できないことがたくさん経験できますし、何より、人と接することはとても楽しいです。

 

自分が何をしたらいいのかわからない。という方も結構いらっしゃいますが、こうやって人のお役にたつことができます。

 

何の才能もないと言う方もいますが、才能のない方はいません。

あなたにも占い師の才能があるかもしれませんよ。占い師に向いている人とは?




お問い合わせ