【手相占い】恋愛に迷ったら感情線に聞け

訪問ありがとうございます。

長野市の占い師「ヒーリングルーム・シャンティ」の町田香織です。

 

手相では、恋愛運をみる時にいくつかポイントがあります。その中で感情線は愛情のタイプを表しますので、ご自分やパートナーの愛情のタイプを知っておかれると、上手くいきます。

 

まず、感情線は小指の下の方が出発点で、人差し指と中指に向かうほうが終点になります。

 

この終点が写真のように人差し指と中指の間まで、行っている方は、非常に愛情深い方です。

 

ピンクの丸で囲ってある部分が愛情のお皿だと考えていただくと、わかりやすいと思います。

 

この写真のようになっている場合、愛情が漏れませんよね?なので、愛情深いと言えるわけです。

 

逆に感情線がまっすぐで、人差し指と中指までカーブしていないという方。クールで冷静な方です。愛情が漏れてしまうというイメージです。

 

これは、どちらが良いとか悪いということはなく、単純にそういうタイプなんだということなんです。

 

手相には必ず長所と短所があります。愛情深いタイプの方の短所は、必要以上に世話を焼いてしまうとか、尽くし過ぎてしまう、ということがあります。

 

逆にクールなタイプの方は、一見冷たいようですが、さっぱりとしていて、後腐れがないというところが長所です。

 

ご自分はどういうタイプかわかりましたでしょうか?

 




お問い合わせ