山下智久さんの手相

長野市の占い師「ヒーリングルーム・シャンティ」の町田香織です。

 

私はドラマを観るのが好きで、

先日「アルジャーノンに花束を」

 

を観ていましたら、山下智久さんの手相が気になり、一時停止してしまいました。

(ドラマはいつも録画で観ています)

 

そういうことは、しょっちゅうあります。

職業病でしょうか?

 

やはり、芸能人の方の手相って気になりますものね。

そんなに何人も見ているわけではないですが、

 

一般の方と変わらないです。

同じ人間ですから、当たり前といえば当たり前なのですが、

 

芸能人の方は、何か特別な才能を持っているんじゃないか?

と思いませんか?

 

実はそんなことはなくて、誰にでも可能性はあるわけですね。

 

自分の才能を知れば、それをうまく活かすことは可能なんです。

運命は変えることができます。

 

話がそれましたが、山下智久さんの手相はテレビで見たかぎりでは

知能線が非常に長くて、目立っていました。

 

知能線が長いということは、考える時間が長いということです。

何事にもじっくりと取り組み、よく考えてから行動する。

 

大変頭の良い方だと思います。

 

また、緩やなカーブでどこに向かっているか?

丘によっても意味が違ってきます。

 

手の中に宇宙がある

 

山下智久さんの場合は、第2火星丘のあたりに向かっていましたので、

割と現実的で、管理能力がおありでしょう。

 

手相が読めるようになると、

面白いほど相手のことがわかり、

人間関係にも活かせるようになります。




お問い合わせ