手相はどちらの手で見るか?

こんにちは

「ヒーリングルーム・シャンティ」の町田香織です。

 

どちらの手でみるか?

 

手相を鑑定する際によくきかれる質問で、一番多い質問は「どちらの手でみるのですか?」というものです。

 

ちまたには左手で見るとか手を組んだときに上になった方でみる、とかいろいろな説があります。これは、流派や占い師によって違います。

 

西洋では昔から、男女とも左手でみるものと考えられてきました。日本では昔は、男は左手女性は右手とされていたようです。

 

しかし、現在は両方の手を見ます。ただし、意味は違ってきます。

 

未来と過去、両方わかる

 

利き手=現在・未来・顕在意識

反対の手=過去・持って生まれたもの・潜在意識

 

これは、両方ほとんど同じ方もいれば、全く違う方もいます。利き手の方が良く使うため、脳と直結していると考えると変化していくのもうなずけます。

 

手相は日々変わりますので、見ていても本当におもしろいものです。

 

例えば、ストレス線が出ていたら、少し休もうかな~とか

運命線が濃くなっていたら、今は仕事頑張る時なんだとか

財運線が濃くなってるから、臨時収入あるかも?

 

な~んてことがわかっちゃうのです。

 

自分の手、じっくりと観察してみてくださいね(^_-)-☆




お問い合わせ