算命学(さんめいがく)と四柱推命(しちゅうすいめい)の違い

訪問ありがとうございます。

手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

皆さんは算命学(さんめいがく)という占いをご存知ですか?

 

私が「算命学という占いをやっています」と言うと大抵の方は、算命学について知らない人が多いです。

 

四柱推命(しちゅうすいめい)に似ているという話をすると、半分くらいの方が知っているかんじです。

 

本日は算命学と四柱推命の違いについてお話したいと思います。

 

一番わかりやすい点は、四柱推命では生年月日に出生時間を用いるのに対して、算命学では生年月日のみで、出生時間は用いません。

 

出生時間まで見た方が、正確にわかるんじゃないの?と思われる方がいるかもしれませんが、そもそもそいういうものではないのです。

 

この世は時間と空間によって存在する

 

算命学では、この世は時間と空間によって成立していて、その空間と空間との間に生じる動き(ズレ)によって二次的に発生するものが時間である、と捉えています。

 

つまり、天空があって大地があります。天空に輝く太陽が東から西に移動する。これは、天空という空間にある存在物と大地という空間にある存在物とが、それぞれ異なる方向に移動することによって認識できる現象です。

 

この移動、(ズレ)をもって時間の存在を認識できるわけです。

 

地球が1回転したら1日

 

地球は自転していますよね?1日かけて1回転します。

 

自転するということは、宇宙という空間と地球という空間との間に「移動=ズレ」が生じるわけですから、そこに時間が発生するということになります。

 

 

地球の自転に要する時間が1日ですから、算命学ではこの1日という時間を宇宙の時間の最小単位として捉えているのです。

 

これは、どのくらい回ったか?というのは関係ないのです。2分の1回転なら半日、4分の1回転なら6時間、という発想ではないのです。

 

1日が24時間であるかどうか、ということはここでは関係なく、回ったら1日、ただそれだけなんです。

 

空間の範囲を明らかにする

 

生まれた日に宇宙から与えられたエネルギー、その「空間の範囲」を明らかにしていくのが算命学です。

 

ですので、出生時間や出生地というデータがあったとしても、それを用いる必要がないのです。

 

その日の朝に生まれようと、夜に生まれようとその日に与えられた「空間の範囲」は変わらないということです。

 

生年月日と出生時間を全て干支で表して、それを占うのが四柱推命と呼ばれている占いです。

 

生年干支・生月干支・生日干支・生時干支というように、4つの柱を並べるのでその名前がつけられました。

 

あえて言うならば、算命学が空間占いだとすれば、四柱推命は時間占いというように、似ているようで、違うものなのです。

 

 




お問い合わせ