桜の香り

こんにちは。

手相・風水・算命学鑑定士の町田です。

 

今日は、少し暖かくなりましたね。昨日まで寒の戻りで本当に寒かったですもんね(>_<)

長野市では桜の開花は、まだ少し先でしょうか?東京などは満開のようですね。

 

この時期になると日本人であることを意識せざるを得ないですよね!?

 

*

 

ふわりと心地良く独特の上品な芳香を持つ桜の香り。

 

あの独特の香りの正体はクマリンという成分なのですが、通常の花や葉の中では糖と結合した「配糖体」という状態で存在するため、実は美しく咲いている生の桜の花からはあの香りはしないのです。

 

しかし「塩漬け」にされると糖が分離してクマリンが生成され甘い香りを放つ状態になります。

 

私たちが「桜の香り」として思い出すのは、桜餅を包む塩漬けの桜の葉や、桜ご飯やアンパンに使われる塩漬けの桜の香りなんですね。

※タニタの健康応援ネット「からだカルテ」参照

 

*

 

その桜の香り、家でも簡単に再現することができます。アロマのエッセンシャルオイルで、「トンカビーンズ」というものがあります。ズバリ豆です!!

 

 

「トンカビーンズ」にはクマリンが含まれているのです。桜の香りというよりは、桜餅の香りですね。

 

クマリンの作用は

・血液流動促進作用

・鎮静作用

 

クマリン以外にも

・1.8-シネオール

・カンファー

・β-カリオフィレン

 

などが含有されているそうですが。、95%近くはクマリンです。

 

*

 

アロマのメーカー、生活の木でも買えます。生活の木のトンカビーンズ精油は、10%希釈で販売されています。

 

一足お先に桜を感じましょう♪

 


友だち追加

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?



無料メール手相講座

占い・手相鑑定のお申込み

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?

友だち追加
お問い合わせ