おまじない「ツルカメ、ツルカメ」

本日も私のブログにお越しいただきありがとうございます。

手相・算命学鑑定士の町田香織です。

 

皆さんは「ツルカメ、ツルカメ」という言葉を聞いたことがありますか?

 

あまり聞いたことがないという方が多いと思います。良くないことを言ってしまった場合に打ち消す意味で使います。

 

言霊と言う言葉があるくらい、言葉には力があります。

 

マイナスエネルギーを持った言葉を言いっ放しにしていると、言霊効果でさらにマイナスエネルギーを引き寄せてしまうと言われています。

 

さらに潜在意識では「もう駄目だ!」という言葉のとおりに、「もう駄目」という状況を実現させようとすることが起こってしまいます。

 

俗に言う引き寄せの法則ってやつですが、言ってしまったからといって、すぐ実現するわけではないですけどね。

 

でも、もし悪い言葉を言ってしまったら、すぐに打ち消したほうが気持ちもスッキリします。

 

 

そんな時に最適な昔ながらのおまじないがあります。それは「ツルカメ、ツルカメ」です。

 

ある程度年配の方ならご存知だったり、聞いたことがあるという方が多いと思いますが、

 

「ツルカメ、ツルカメ」は、縁起の良くない事をしてしまった時、言ってしまった時、見てしまった時など、縁起直しの目的で使うおまじない的な言葉です。

 

ツルとカメは、「鶴は千年、亀は万年」と言われる長寿の象徴です。

 

(当然、実際はそんなに長い寿命ではなく、鶴は20年から30年、亀は確認されている最長で152年だそうですが。)

 

鶴と亀は結婚式や結納にも使われる縁起物の代名詞になっていますね。

 

なので縁起の悪い言葉をおめでたい言葉で追い払ってしまおうというものです。

 

江戸時代には「つるかめ、つるかめ、万々年、万々年」と強調して言ったりもしたそうです。

 

あまり良くないことを言ってしまった場合は、「ツルカメ、ツルカメ」と言ってみてくださいね♪

 

 


友だち追加

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?



無料メール手相講座

占い・手相鑑定のお申込み

月2回、手相豆知識をお届けします!写真付きでお送りしますので、スマホでご自身の手相をみてみませんか?

友だち追加
お問い合わせ